研究室概要

当講座の研究目標は、免疫システムの司令塔であるT細胞の分化・機能制御機構を明らかにし、免疫システムの異常によって発症する疾患(アレルギーを中心として)の治療法や効率の良いがん免疫療法およびワクチン開発のための新規理論基盤を構築することです。現在、私たちはT細胞の分化、機能、老化制御における代謝とエピゲノム変化の役割に着目し、目標を達成すべく研究を進めています。研究は、細胞レベルの解析を中心に、疾患モデルからタンパク質相互作用解析まで、幅広い研究手法を駆使して行なっています。
進行中の研究は、以下の2項目です。

(1)T細胞代謝・エピゲノム調節による免疫システム制御法の開発
(2)T細胞老化・疲弊制御機構の解明

詳細な研究内容については、研究テーマをご覧下さい。

新着情報

井上先生、小西先生の歓迎会を行いました。

2017.4.26

井上先生、小西先生の歓迎会を行いました。

加納先生の定年退職記念会を行いました。

2017.3.23

加納先生の定年退職記念会を行いました。

桑原助教が愛媛大学優秀論文賞最優秀賞を受賞しました。

2017.03.23

桑原助教が愛媛大学優秀論文賞最優秀賞を受賞しました。

内藤記念科学振興財団から桑原助教に次世代育成支援研究助成金が贈呈されました。

2017.03.16

内藤記念科学振興財団から桑原助教に次世代育成支援研究助成金が贈呈されました。

上原記念生命科学財団から桑原助教に研究奨励金が贈呈されました。

2017.03.10

上原記念生命科学財団から桑原助教に研究奨励金が贈呈されました。

山下教授に第12回Best Teacher賞が贈られました。

2016.12.09

山下教授に第12回Best Teacher賞が贈られました。

桑原助教らの研究が2016年9月23日の読売新聞に掲載されました。

2016.12.06

桑原助教らの研究が2016年9月23日の読売新聞に掲載されました。

2016年9月2日の愛媛新聞に掲載されました。

2016.09.08

2016年9月2日の愛媛新聞に掲載され、NHK四国版、テレビ愛媛でも取り上げられました。
"山下教授らの研究グループがアレルギー炎症の新規抑制メカニズムを発見"

2016.08.09

オープンキャンパスに、高校生6名が参加し、研究室の紹介や 医学生の体験談を熱心に聴いていました。

桑原助教が第65回日本アレルギー学会学術大会で受賞しました。

2016.06.24

桑原助教が第65回日本アレルギー学会学術大会において、
Best presentation award(English Session Oral 7:Basic Research in Allergy (3))を受賞しました。

2016.06.09

鈴木助教がTadamitsu Kishimoto International Travel Awardを受賞しました。

2016.06.09

安岡先生の論文がPLoS ONEにアクセプトされました。

2016.06.09

第三内科との共同研究の成果がInflamm Bowel Dis.に掲載されました。

名部先生、鳥山先生、野村君の歓迎会を行いました。

2016.06.09

名部先生、鳥山先生、野村君の歓迎会を行いました。

2016.06.09

愛媛大学大学院理工学研究科修士課程2年の野村君が共同研究で、当研究室のメンバーとして新たに加わりました。

2016.06.09

血液・免疫・感染症内科学講座から名部先生が、眼科学から鳥山先生が大学院生として新たに当研究室に加わりました。

2016.02.22

ホームページをリニューアルしました。

2015.12.3

山下教授にBest Teacher賞が贈られました。

2015.11.12

武田科学振興財団から山下教授に「生命科学研究助成」が贈呈されました。

2015.11

山下教授のSASPに関する総説が細胞工学に掲載されました。

2015.11.18-20

第44回 日本免疫学会学術集会に参加しました。山下教授がワークショップで座長を務めました。桑原助教、鈴木助教、4回生の泉本麻耶さんが口頭とポスター発表、山田准教授、安岡大学院生がポスター発表を行いました。

2015.11.17

山下教授がLegendセミナーで講演を行いました。

お知らせ

愛媛大学大学院医学系研究科
免疫学・感染防御学講座

〒791-0295
愛媛県東温市志津川

TEL : 089-960-5274

→ アクセス
→ 学内配置図

PAGE TOP